秋葉原風俗の高級店舗型ヘルスと言えばコスプレアイドル

秋葉原と言えば、やはりアイドルという言葉が続き連想されることと思います。そして、こんな可愛らしいアイドルと楽しくてちょっとエッチなことをしてみたいなという妄想や願望は、かなりの割合で持っているのではないでしょうか?実は私も同様にそういった願望を持っており、先日その願望を満たす機会がありましたのでご報告いたします。東京へは出張で行くことになりました。一通りの仕事を終え、夕食を取り、その後のことを考えたときに、真っ先に頭に浮かんだのは秋葉原風俗でした。幸い、出張先は近所でしたので、早速秋葉原の風俗街へ行き、とある高級店舗型ヘルスを利用することとなりました。

先程も申し上げたように、私自身アイドルとエッチな時間をという願望がありましたので、コスプレアイドル在籍といううたい文句に真っ先に飛びついたのでした。このお店は、通常料金と比べますと、少し割高でしたが時間の方も長く、私にとっては得だと思えるお店でした。それよりも、頭の中は、どんなアイドルと会えるのか、アイドルとどんなことをしようかなどといった妄想で一杯でした。そして、目の前に現れたのは…天使でした。見た目は若い感じがします。20歳くらいだと思います。

髪は、少し茶の入ったロングで綺麗なストレート。眉は細目で少し下がった感じで、M的な要素を感じるようでした。目は、二重ですがくりくりお目目ではなく、少しだけキュッと吊り上がったような感じで、とにかく涙袋の部分が綺麗で、本当にタイプな目をしていました。鼻筋も綺麗で、小さめの唇には薄いピンクの紅が上品に塗られていたのです。本当のアイドルでは無いのですが、あっ、この子見たことある、といった感じです。

彼女は、某アイドルグループが着るような衣装をまとい、本当に可愛い笑顔で私を見つめます。ちょっと鼻にかかった声で、第一声が「ハグしていいですか?」。私は、緊張もありそっと、ゆっくりと彼女を抱きしめました。柑橘系のいい香りが漂い、そっと綺麗な髪を撫でました。「も少し強く抱いてもらってもいいですか?」彼女は、ギュッと私を抱きしめ、見た目ではわからなかったふくよかな胸が私に当たりました。

彼女とのキスは、いきなりディープでした。長くて柔らかい舌は、唾液量が多く、お互いに音を立てながらキスを重ねました。私は彼女の服を一気に脱がし、その美しい体を目の当りにしました。彼女の体は真っ白で、確実にDカップはある胸に小さめの少し色の付いた乳首が立っています。私は彼女の胸をむさぼりながら、次へのステップへと向かうのでした。私の秋葉原風俗高級店舗型ヘルス遊びは、まだまだ続きます。