六本木の高級店舗型ヘルスは楽しい

六本木という街は人に優しく、マナーをわきまえた紳士が多いです。ヘルス嬢も同様に上品さにあふれているのが、六本木の高級店舗型ヘルスらしさです。私はインターネットを見てその上品さを実感しました。さらに風俗まとめサイトを経由して、早めに予約をするとリーズナブルな価格になるケースもある事を発見しました。さっそく予約をしてお目当てのお店のあるビルに行きました。店舗に入ってみるといい香りのするコーヒーを出してもらいました。

待合室でくつろいで女の子との対面を待ちました。お店の女の子のデータが載っているファイルブックが見れるようになっていて、出勤時間を細かくチェックして妄想をしていました。昼間の短時間勤務は人妻かな、夕方の時間帯は女子大生で学費を稼ぐ為なのだろうと予想しました。それなら援助してあげたくなり、指名してあげようと思いました。

しかし、どの写真もセクシーで美しい足をしているので、興奮が高まってきました。みんな同じようなエロい衣装ですが、女の子のキャラによって随分とイメージが違う事に驚きがありました。私は風俗遊びの経験が豊富なので、ヘルス嬢の顔を見ると感じる場所やプレイが、予想できるようになっていました。時間帯ごとのお気に入りの女の子を決めた所で、ファイルブックをしまいました。

するとスタッフがお茶の缶を提供してくれました。すぐに女の子との対面時間になり興奮しました。ネットで見た画像よりもセクシーな感じで、今現在の写真に更新していたら予約殺到する事が想像できました。最新データでなかった事に感謝したいです。衣装がさっき見ていたファイルブックの衣装と同じでした。その衣装でエロい妄想プレイをしていたので、丁度良かったです。

サプライズ的に女の子を驚かしたり、衣装がエロいのでシャワーを浴びる前に、お触りをして堪能しました。そしてシャワールームでボディーソープで女の子の肩から洗ってあげるのが私のいつものパターンです。お互い洗いあった後に私が先にシャワールームを出て待っていると、バスタオル姿の彼女が出てきました。とてもセクシーですっかり彼女を気に入りました。

ベッドではロマンティックに愛し合いました。彼女のプレイ姿はエロさと可愛らしさが融合していました。サービスが気持ちがいいし、彼女との会話も楽しかったです。攻めるのが好き? と言われたのが印象に残っています。私は頷き時間まで攻めていました。最高の気分でした。